スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保険の仕事はどうですか?

保険の仕事といってもさまざまですが、日本の保険会社はほとんどが生保のセールスレディです。この仕事が大変か、楽しいかは人それぞれの考え方で変わってくるとおもいます。生保のセールスレディになっても契約がぜんぜんとれなければ、給料がかなり少なくなってしまいます。交通費はまったくでませんから、きついでしょう。結果次第ということになってくるでしょう。どの仕事でもそうですが、自分がやっている仕事をすきになるしか、たのしくはたらくのは、難しいんではないでしょうか。自分の仕事の欠点ばかりをみつけて、不満ばかりを言っていたのでは、どんな仕事をしても、つまらないものになってしまうでしょう。一体何のために働いているのかをよーく考えて、仕事をしてほしいとおもいます。ほとんどの人はお金のため、生活のため、生きていくためということでしょう。確かにそうかもしれませんが、世のため、人のため、自分が働くことによって誰かが喜んでくれるんだという思いで働いたら、仕事のしがいもあるし、楽しいのではないでしょうか。その結果お金がついてくるのではないでしょうか。そんな気持ちで、生保のセールスレディの仕事が出来たら楽しい人生が過ごせるでしょう。保険を販売して、実際なにかあったときに、保険金がおりて、助かりましたとお礼の言葉を言われたときのことを想像して仕事をしていたら、あのお客様の役に立ってよかったなーと思えて幸せな気持ちになるんではないでしょうか。そんなときには、生保の仕事をしていてよかったなと思える瞬間でしょう。

tag : 生保のセールスレディ

自動車保険の比較と見積もり:安さだけで決めないで!

自動車保険には強制保険と、任意保険があります。その任意保険はさまざまなものがありますが、安さだけで決めて事故を起こしてから後悔しないためにも、しっかりと比較していろいろな、自動車保険見積もりをとったほうがいいとおもいます。そもそも、自動車保険の強制保険(自賠責保険、自賠)は加入しないと道路をはしることができません。なので、かならずはいります。任意保険ははいらなくても、いいのですがもし、事故を起こしたときに強制保険だけでは保障しきれないので、ほとんどの人がはいっています。いわば、自賠責保険の上乗せ保険が、にんいほけんということになります。任意保険にはさまざまなものがあり、年齢が若いときは、保険金がたかくなります。また、車をぶつけたときに保険がでるかでないかでも、保険金がだいぶかわってきます。また、運転していた人が、家族限定で保険金がでるのか、夫婦げんていなのかでも、保険金がかわってきます。エコカーにのっていると、安くなる保険もあるようです。いずれにしても安心して、車にのりたければ、保険に詳しい人に聞くか、またはインターネットなどで、しらべて、比較してみるのもいいと思います。さらに、いろいろな等級割引制度なども、さまざまにありますので、まずは、無料の一括見積もりをだして時間をかけて比較検討してみるのがいいんではないでしょうか。口コミやランキングを参考にするのもいいかもしれません。



tag : 自動車保険 比較 見積もり 等級 割引 一括見積もり

外資系の保険はどうなのか

外資系の保険もいまやたくさんあって、どこの保険がいいのかわからなくなっていると思います。余りにもありぎるから、なやむところでしょう。日本の生命保険の会社と外資系の生命保険の会社の違いはたくさんあるのですが、まずは、日本の生命保険の会社の場合は、セールスレディがほとんど保険を売っているということがいえます。いわゆる、生保のおばちゃんです。あまり、生保のお姉さんはいないですね。それは、新卒で入ってもほとんど、やめてしまうそうです。それだけ、大変なお仕事だそうです。外資系の保険会社の場合には、ほとんどが、男性の営業マンだそうです。そして、ほとんどが優秀な人をヘッドハンティングしてくるそうです。なので、外資系の男性の営業マンのほうが長く勤める確立が高いそうです。日本の保険会社が進めているのが定期付終身保険だそうです。保険金が高いものを進めるケースが多いようです。外資系の保険会社の場合には、最近では、がん保険や自動車保険などを勧めているよいです。そのほか、高血圧や糖尿病などの持病があっても入れるものも進めているようです。いずれにしても、いい保険に入ってきちんと保険金をいただくには、自分できっちりしらべるいがいにはないようです。自分のことなので、勉強することが大事でしょう。でも、一番いいのはけんこうで自分の納得する年まで生きて、幸せに死ねることが一番いいと思います。

tag : アフラック アリコ チューリッヒ アクサダイレクト アメリカンファミリー生命

女性のための保険

女性の保険にもいろいろあるそうで、結婚しているかしていないかでもかわってくるそうです。特に重要なのが女性特有の病気を、保障してくれる保険です。子宮がん乳がんなどに手厚くサポートしてくれる保険に入るのかなどをよく調べた上で、入ったほうがいいようです。子宮がん乳がんなどにかかった場合に一括で給付金が支払われるのか、入院や手術でどれぐらいの保障があるのかなどをよーく比べてから、加入したほうがいいと思います。でも、どうやって比べればいいのかなどはわからないことがたくさんあるとおもいます。でも、保険に加入するということは、毎月お金を払うわけだし、何年も払っていくとかなりの金額になるし、実際乳がん子宮がんになったときに困らないように、自分にぴったりの保険に加入するために、保険の勉強やいろいろ調べるために時間を使うということは、とっても大事だと思います。すべての人に均等に与えられたのが時間です。そして、人間が生まれてから誰にも訪れるのが死です。そのために備えておいたほうが、自分も幸せだし、周りの人たちも幸せだと思います。死んだときに、たくさんの財産を残すより、どれだけたくさんの人に喜んでもらえたか、人に親切に出来たか、という記憶を残したほうが、幸せではないでしょうか。そのためにも保険選びはしっかりとやって、残された人たちを幸せにしましょう。





tag : 女性の保険 乳がん 子宮がん

グループ保険はお得です

グループ保険は会社が払ってくれる、定期保険です。保険期間は一年間です。社員にもしものことがあったときのために、会社が負担して残された家族のための、生活保障の保険が出るものです。それと、自分で負担して入るグループ保険もあります。お勤めの会社にこの制度があれば個人で入る保険より安く入ることが出来ます。

グループ保険がなぜ安いのかというと、会社でまとめて入るので保険会社も管理がしやすく、経費が少なくてすむので、その分保険料が安くなるということです。保険期間が一年間なので余剰金があるときなどは、加入者に戻ります。余剰金が多い年などは、得した気分になります。この余剰金も保険会社によって違ってきますので、よーく比べたほうがいいとおもいます。

グループ保険はお得ですが、年齢に関係なく毎月の負担額が一律です。なので、年齢が若い方は一般の生命保険のほうが毎月の負担が安い場合があります。その辺もよーく調べてから入ったほうがいいでしょう。

グループ保険は会社に勤めていないと入れないので、会社を辞めたら個人の保険に切り替えるか、今まで入っていた個人の保険を増額するかのども保険会社でよーく調べたほうがいいでしょう。

グループ保険を団体で入っていた場合で、団体を抜けてからも継続して入れる保険もあるそうなので、これも事前に知れべておいたほうがいいようです。

tag : グループ保険 団体定期保険 生活保障 お得

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気の海外ドラマをご紹介
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。