スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保険金不払いはどうして起こるのでしょうか?

保険金の不払いが相次いでいるようです。なぜ、こんなに続くのでしょうか?いろいろな原因があるようですが、まずは、契約者があまり自分の入っている保険のことをよくわかっていないようです。でも、なかなか詳しく理解するのは、難しいと思いますが、後で、困らないように自分の入っている保険はある程度は理解していたほうが言いよいです。

次は、朝日新聞の記事から抜粋したものです。



生命保険会社が契約者に本来支払うべき保険金や給付金を支払っていなかった問題で、金融庁は29日、2008年に業務改善命令を出した生命保険会社10社に対し、その後に追加で判明した例がないかを報告するよう命じた。業務改善命令の際に調べた01~05年度の保険契約での追加例のほか、06年度以降の保険契約分も報告するよう求めた。

 金融庁は07年2月、国内の生保全38社に対し、01~05年度の契約について不払いの実態調査を指示し、08年7月に結果を公表した。不払いが多かった10社には業務改善命令を出し、半年に1回、金融庁に対して不払いを防ぐ態勢作りなどを報告させている。

 今回、報告を求めたのは、(1)01~05年度の契約分で、08年7月に公表した1回目の調査以降に追加で保険金などを支払った例、(2)06年度以降の契約分で、追加で保険金などを支払った例。来年2月までに、それぞれ追加で支払った件数と金額を報告させ、その結果を公表する方針だ。金融庁は報告を指示することで、各社に保険金の適正な支払いを徹底するよう促す考えだ。

 生保の保険金の不払いは05年に発覚した。08年7月の金融庁の発表では、38社のうち37社で計135万件、973億円の不払いが見つかった。この調査以降では、今年9月、調査を進めていた第一生命保険で、他にも支払っていなかった保険金があることがわかった。これを受け、自見庄三郎金融相は同月の衆院財務金融委員会で「(10社は)継続的に(保険金の不払いがないかどうかの)調査を行っており、当然、業務改善命令が終了した時点ではきちんと発表する」と述べ、不払いについて調査し、公表する方針を表明していた。
2010年10月30日16時8分 朝日新聞より


こんなに、不払いがあるとはびっくりですね。金融庁がもし調べなかったらぜんぜんわからずにすんでいたかもしれませんね。もし、自分の保険が不払いではないのかと思ったときは、消費生活センターや生命保険協会保険相談所などに相談するといいそうです。
スポンサーサイト

tag : 保険金不払い 給付金

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気の海外ドラマをご紹介
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。