スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車保険に入ってる人でどれぐらい事故をするのか?

自動車保険に入っている人の中で、実際に事故を起こすのは、約10パーセントぐらいだそうです。
といっても、ほとんどの方が、優良ドライバー事故を起こすのは繰り返し事故を起こす人がかなりいるそうです。一度も事故を起こしてないで、保険料を払い続けて、何回も事故を起こしている人に保険料を払っているのは理不尽なので、事故を起こさない人には、割引制度があります。
ここで、等級が出てきます。
ノンフリート等級は6等級から始まり、事故が一年間ないと1等級上がり保険料が少し安くなります。
また、事故を起こした場合は、3等級さがり、保険料が高くなります。
自動車保険はまんがいいち事故を起こしたときのためにはいっておくものですが、
出来れば、交通事故は起こしたくないものです。
免許証もゴールド免許のほうが更新が5年に一回なので便利です。
何かと、交通事故は面倒なことが多いと思います。
相手が悪かったときなどは、最悪です。
最悪なのはあなただけではありません。
周りの家族も最悪なんです。
特に、小さい子供さんなどを乗せていたときの交通事故は最悪です。
子供がかわいそうです。
でも、毎日のようにどこかで、交通事故が起きているのが現実です。
なぜ、こんなにも交通事故が多いのかを、自分なりに一生懸命考えたほうがいいと思います。

斎藤一人さんの本の中に出てくる言葉ですが
交通事故をいうものは自分が引き寄せているんです。
普段のあなたもものの考え方や言葉が、引き寄せるんです。
不平不満やねたみや人の悪口ばかり言っている人は
どうしても引き寄せてしまうんです。
だから、普段から「天国言葉」を使ってください。
「天国言葉」とはついてる、うれしい、感謝します、幸せ、愛してます、楽しい、ありがとう、許しますです。
常日頃から、「天国言葉」だけを使っていると、交通事故や不幸にあわないそうです。
「地獄言葉」を少しでも使ってしまうと交通事故を引き寄せてしまうので気をつけましょう。


スポンサーサイト

tag : 自動車保険 事故 優良ドライバー 高齢者の事故 自動車保険事故率

自動車保険の比較と見積もり:安さだけで決めないで!

自動車保険には強制保険と、任意保険があります。その任意保険はさまざまなものがありますが、安さだけで決めて事故を起こしてから後悔しないためにも、しっかりと比較していろいろな、自動車保険見積もりをとったほうがいいとおもいます。そもそも、自動車保険の強制保険(自賠責保険、自賠)は加入しないと道路をはしることができません。なので、かならずはいります。任意保険ははいらなくても、いいのですがもし、事故を起こしたときに強制保険だけでは保障しきれないので、ほとんどの人がはいっています。いわば、自賠責保険の上乗せ保険が、にんいほけんということになります。任意保険にはさまざまなものがあり、年齢が若いときは、保険金がたかくなります。また、車をぶつけたときに保険がでるかでないかでも、保険金がだいぶかわってきます。また、運転していた人が、家族限定で保険金がでるのか、夫婦げんていなのかでも、保険金がかわってきます。エコカーにのっていると、安くなる保険もあるようです。いずれにしても安心して、車にのりたければ、保険に詳しい人に聞くか、またはインターネットなどで、しらべて、比較してみるのもいいと思います。さらに、いろいろな等級割引制度なども、さまざまにありますので、まずは、無料の一括見積もりをだして時間をかけて比較検討してみるのがいいんではないでしょうか。口コミやランキングを参考にするのもいいかもしれません。



tag : 自動車保険 比較 見積もり 等級 割引 一括見積もり

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気の海外ドラマをご紹介
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。